実録!韓国の子育て・教育

韓国の子ども・若者が大好きなトッポギ!食べ放題の店トゥッキ(두끼)へ




韓国在住ここまるです。

今回は、子供たちが大好きな、トッポギの話です。

先日も「給食でトッポギがでた!」と子どもたちが喜んでいましたが、韓国の子どもが喜ぶ給食のメニューもトッポギなのです。

韓国語では、トッポギは떡볶이と書きます。

(ちなみに、떡=トック(もち)と言う意味)

私が初めてトッポギを食べたときは「からい!」と口から火が出そうになりました。

ですが、韓国の子どもたちは幼稚園の給食でもトッポギを食べているので、小学生ぐらいになると、この辛さに慣れ「マシッソヨ(おいしいです)」と喜んで食べます。

しかも、うちの子たちは、多少の辛さがないと、おいしくないと言うほどです。

では、早速トッポギがどんな食べ物なのか詳しく見ていきましょう。

韓国の子どもが大好きなトッポギ!

学校の給食で、人気のメニューと言えば・・・トッポギです。

塾のイベントや行事で出されるおやつ、

お友達の家に行って、ご馳走になる一品、

高速道路の休憩所で立ち寄って食べたくなるのも、

トッポギ떡복이です。

トッポギを知らない方のために、画像でお見せしますね↓

▼これがトッポギです▼

떡복이레시피ートッポギレシピ

超簡単で、失敗しないトッポギレシピを紹介します。

<準備物>
水、コチュジャン、唐がらし、砂糖、しょうゆ、トッポギ、おでんの具、ゆで卵など。

☆隠し味にカレー粉をいれているのが隠し味のポイントです。

この動画は『簡単料理シンジョントッポギ』のレシピです。

■シンジョントッポギは韓国でもダントツで人気のトッポギで、日本にもお店が上陸したと聞きましたが、人気があるのでしょうか・・?!^^

ぜひ、楽天やアマゾンなどで材料が売っていると思うので、ご家庭で作ってみてくださいね。

トッポギビュッフェートゥッキ두끼

小学高学年以上になると、週末お友達同士が集まって食堂やファーストフードへ行くようになるのですが、その中で人気のお店の一つにトッポギビュッフェがあります。

うちの近所にある塾街にある”トッポギビュッフェのトゥッキ(두끼)”は、小学生から高校生が集まるたまり場としても有名です。

世界展開しているトゥッキは全国のあちこちにあるんですよ。

<食べ放題の料金は以下の通りです>

2022年10月現在

一般→9900ウォン

小中高学生→8900ウォン

7歳以下小人→5900ウォン




トゥッキの食べ放題の具材を公開!

初めて子どもに連れられて、トゥッキへ行きました。

日曜日に行ったのですが、高校生がたくさんいて、店内はにぎわっていました。

トックはいろいろな形があり種類が豊富!

キノコ、ソーセージ、野菜(白菜、キャベツ、ねぎ、もやし)、卵やきくらげもあります。

きくらげ、ゆでたまごもありますよね。

好みに合わせ、食べたいだけ自由に!食べれるのが学生たちにはたまらないようです。

ソースは7種類あったのですが、メインは4種類!

左)宮廷ソース(醤油ベース)と、右)クリームソース

左)トゥッキソースと、右)辛いトッモソース(マニアたちが好きなのだとか)

鍋にソースを入れて、グツグツしてきたら、お好みの具材を入れます。

お店の人が助けてくれて、タレを混ぜてくれました。

子どもに「好きなだけ持っておいで!」と言って、私は座ってまっていましたが、実際に持ってきたのがこれだけです。苦笑

トッポギを食べた後は

トッポギを食べた後は、ラーメンや、チャーハンを食べるので、その時に入れる具材です。

コーン、キムチ、ハム。

チャーハンを作る場合は、そばに炊飯器があるので、ご飯を好きなだけ持ってきて作れます。

天ぷら風のさつまいも、揚鶏、餃子の揚げ物。

おでんも。

ラーメンも選べます。

小学生に人気なのが、辛さ抑えめのジンラーメン진라면(左下)

飲み物は、炭酸類、デザートはアイスクリームがあります。

以上

韓国情報サイトのコネストで、ソウルのトゥッキの店舗が検索できるので、興味がある方は見て下さいね。

感想

子どもに連れられて行ったトッポギのビュッフェの店。

子どものおやつで作ることはあっても、私は食べないのであまりトッポギに興味がなかったのですが、食べ放題のお店に行って見ると、子どもや若者がたくさんいて驚きました。

食べ盛りの学生たちが、手ごろな値段で、気軽に好きなだけ、いろいろなものを食べれるのが人気の秘訣なのだと思いました。

두끼では、2020年1月1日から「環境負担金制度」が導入されました。

容器1杯の食べ物を残した場合、テーブルごとに2000ウォンの環境負担金を付加していますので、食べ残しに注意してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。