実録!韓国の子育て・教育

【韓国のベビーフェア】ベビーフェアに行った感想と人気だったアイテム


韓国在住のここまるです。

韓国でトライリンガル育児をしています。

日本と韓国は似ているようで違う生活習慣や文化がたくさんあります。

今回は、韓国の赤ちゃんたち向けの「ベビーフェアー」についてご紹介していきます。

皆さんはベビー用品を揃えるとき、どこで購入していますか?

日本も韓国もネットでショッピングをする人が増えていますが、買ったものが届いて

「思っていたものと違う…」

とがっかりしてしまうこともありますよね。

特に初めての赤ちゃんのためにベビー用品を買うとなったら・・・

「何を買ったらいいの?」

と分からないことも多く、不安もあるものです。

そこで、今回は私が新米ママだったときに行った韓国のベビーフェアーを体験談を含めてお伝えします。

この記事は以下の方におすすめです。

☑︎韓国のベビーフェアーについて知りたい

☑︎ベビーフェアーで購入できるものは何?

☑︎有名なベビーフェアーの雰囲気を聞きたい



韓国のベビーフェアとは?

韓国にはベビーフェアーと大きな会場を貸し切り、妊娠、出産、育児にまつわる情報や、赤ちゃんグッズを一度に見ることができるイベントがあります。

韓国の国内ブランドだけでなく、海外の有名ブランドも出店しているので、韓国のママたちは、妊娠、出産を機に一度は訪れる場所でもあります。

韓国語でベビーフェアーは、베이비페어 ベイビーペオといいます。

私の初めてのベビーフェアー体験

私が初めて赤ちゃんを授かったときは、日本のサイトをひっくり返すようにあらゆる情報を調べていたのを思い出します。

異国の地での妊娠、出産は不安がつきものです。

私は今では韓国語が流暢ですが、その当時は韓国語を読めなかったので、「お腹の赤ちゃんのために情報を集めないと!」と焦りと不安の気持ちで日本の雑誌を取り寄せたり、検索に時間を費やしていました。

オンライン上で情報を調べながら、お腹の赤ちゃんの成長に必要な栄養や、自分の体の管理をするなかで、だんだん出産後に関心がいくようになりました。

そんなある日、ドライブ中に赤信号で止まった交差点のそばに大きな広告が掲載されていたのを見ました。

それが、私の街で行うベビーフェアーの案内でした。

1週間だけの限定フェア。

地域の大きな会場を貸し切り、さまざまなブランドが集結したベビーフェアでは、海外ブランドを含め、ベビーグッズをたくさん見れると初めて足を運んだのがきっかけです。

のちに、ソウルの有名なベビーフェアが全国を回ることを知り、私もソウルに足を運び韓国最大のベビーフェアにも行きました。

雑誌やオンラインで見た情報をもとに、オフラインで実物を見て触られて体験できるのはやっぱり魅力的ですね。

ベビーフェアーだと一度にたくさんの物が見れるので、そこに行くだけで十分情報収集ができますので、とても便利なイベントです。

ベビーフェアーのメリット

「ベビーフェアー」のメリットは大きく5つです。

①たくさんのアイテムを実際に見て確かめられる。

②価格の比較をできる。(割引価格で買える場合も)

③いろいろな説明、最新情報が得られる。

④育児が始まる実感がわく、気分転換になる。

⑤海外の人気商品も要チェック!

私は買った後に後悔しないためにも実際の商品を直接見たり、説明を聞き、情報を得て自分の好みに合った育児グッズを選びました。

商品を選べる楽しみと、その雰囲気を体感できるので、新米パパ、ママにはかなり新鮮な楽しいイベントだと思いました。

私は妊娠中と、出産後赤ちゃんを連れていろいろなベビーフェアーに足を運びましたが、
ベビーフェアーの会場はママ向けの授乳室やベビーカーのレンタルもあるので安心でした。

雰囲気は、赤ちゃんが泣いても、子どもが走り回ってもいい雰囲気なのが、良かったです。

つい、外に出ると赤ちゃんがぐずったらどうしようと、心配になりますがそういう心配が全然ない場所で、ゆっくり過ごせるのはママたちにとっても気分転換ができてありがたい場所です。

このベビーフェアー(ベビー博覧会)を韓国語で以下のように言います。

  • ベイビーフェア(베이비페어ベイビーペア)
  • ベイビー博覧会(베이비박람회ベイビパンナムフェ)

各地域ごとにイベントの開催日程、出店予定の店舗をチェック♪してから行きましょう。

良く売れる人気アイテムとは?

ベビーフェアでは、多様なブランドが集結しさまざまな商品に触れる体験ができます。

どんなものがベビーフェア―で人気なのでしょうか?

人気のアイテムはこのようなものがありました。

ベビー服、帽子、くつ
寝具、ベット
・ベビーケア用品(シャンプー、ローション、クリーム)
・おむつ(布、使い捨て)
・哺乳瓶、消毒器
・ウエットテッシュ類
・タオル、(ガーゼ)ハンカチ
チャイルドシート
ベビーカー
ベビートイ
ベビーバス
・離乳食、食器
・爪切りや、綿棒などの衛生管理用品
・子供用の歯磨き粉
・授乳可能なブラトップ
おんぶひも
・騒音マット

ブース毎にブランドがたくさん並ぶベビーフェアーでは、つい見ているだけで買いたくなるものがたくさんあります。

妊娠中に身に行った時と、出産後の1年後に行った時のベビーフェアーの質がベビーフェアーの質が高くなってきている理由は、選択の幅が広がり種類が増えているからだと思います。

海外ブランドから国内人気ブランドまで様々なブランドが一度に楽しめるので、自分好みの物を探せるかもしれません。

展示品は素敵に飾られていて、カラーバリエーション豊富なブランドもあるので、思わずママやパパもテンションが上がってしまいますよ。

ベビーフェアーに出店しているのは人気のブランドだけではなく、SNSで人気の高い作家のブース、保険会社のブースが並ぶ場合もあります。

私は、最初に行ったベビーフェアでは妊婦用のタイツや、下着、クリーム、ベビー服、赤ちゃんの靴下、ガーゼのハンカチなどを購入しました。

好きなブランドや、憧れの商品のブースがあるかは事前に要チェックです。

韓国も出生率の低下が課題?

日本、韓国ともに長い間少子高齢化が問題になっていて、未婚率や出生率が低下する一方です。

韓国でも2021年に発表された合計特殊出生率は0.84%と超少子化が進み、21か月連続で減少が続いています。

ベビーフェアーはこのような数字をアップさせていくためにも重要だと感じました。
沢山のブースがあり、赤ちゃん用品がメインですが育児教育に関連した情報も多いため、情報に触れられるだけでも、役に立つことばかりでした。

赤ちゃんとその家族が主役のイベントだからこそ、

新鮮さ

心地よさ

安全性

ブランド力

ファッション性

機能性

のあるいい商品を集めた楽しく役に立つ質のいいイベントを今後も期待したいです。

韓国最大規模のコベ・ベビーフェアー

全国のあちこちでベビーフェアが開催されていますが、その中でも韓国で最大級規模といえばソウル江南のコエックス会場で行われるベイビーフェアーです。

コエックスでのベイビーフェアは、コベとも呼ばれています。

毎年定期的に開催されるコエックスのベイビーフェアは、育児用品と育児教育の情報が得られる大人気のイベントです。

「ベビーフェアと言ったら、コエックスで開催されるベイビーフェアだよね。」

「一度にたくさんのものを見れて、比較できるのがいい!」

「色がカラフルで、見るだけで楽しい。」

「まとめて情報を得られるから助かる。」

と好評です。

韓国最大級のコエックスでのベビーフェアは、海外ブランドから国内の有名ブランドまで勢ぞろいで、最新の流行や教育情報まで得られることができるので出店する店舗の数も多く、人気のベビーフェアです。

私もコエックスのベビーフェアに行った時は、いろいろなパンフレットをもらってきて情報収集を怠りませんでした。

特にないも買わなくても、情報を得て気分転換できるだけでも十分満足しますよ。

最後に

ベビーフェアーは赤ちゃんとママ、パパにとって大切なイベントで毎年とても盛り上がります。

人気のブランドが集結しているベビーフェアーでは効率よく欲しいものを購入することができるのも魅力のひとつです。

しかも、購入するとおまけがもらえたり、クーポンを利用して割引価格で買えるので、とってもお得なのです。

お店がたくさんあるベビーフェアーを見るのは一日がかりになりますが、充実した商品をたくさんチェックすることができて、楽しい一日になるのではないでしょうか。

今回は、韓国ならではのベビーフェアについて紹介しました。

意外と知らない韓国の育児事情は他の記事でもみてくださいね。
韓国の小学校の様子や日本との違い

韓国で育てた子どもの9つの特徴!

韓国でバイリンガル子育て

最近、赤ちゃんを見る機会が減ったので、小さい子を見ると私も元気をもらえます。

これからも社会全体で、パパやママたちの育児を応援し、明るい子育て環境になれるように私も賛同したいです。

ひーりんぐまっぷが、皆さんの視野を広げる役に立てれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。