実録!韓国の子育て・教育

韓国の小学生の遊びに人気のグッズや動画は?!ポケモンカードも人気

韓国在住のここまるです。

今回は韓国の小学生の遊びに人気のグッズや動画を紹介します。

韓国では、どんな遊びアイテムが人気だと思いますか。

韓国で流行っている遊びグッズアイテムが気になる方はこの記事を読んでくださいね。

「でも韓国の子どもって、多忙で遊ぶ時間がないんじゃないの?」

なんて声も聞こえてきそうです。

実際に、韓国の小学生は「放課後授業」「塾」「運動」と忙しい毎日を送っています。
韓国の小学校の様子や日本との違い 

でも忙しい子供たちほど合間の時間を使い要領よく遊びます。
勉強ができる子は、遊びも上手です!

スマホに夢中になっている子がいたら・・・
外遊び、そして運動を通して仲間や友達と交流をする大切さを経験させてみてくださいね。

「世の中にはスマホより楽しいものがたくさんあります。」

遊びや運動は、学びが多く賢くなる方法の一つです。

遊び、運動を通してたくさんの人たちと交流をすると・・・

心・体も成長し社会性も育ちます。

そんな韓国の子供たちの遊びに欠かせないもの5選!を一挙公開します。

韓国の小学生に欠かせない人気の遊びグッズ5選

グローバル時代の今、遊びの流行は国境を超えて世界共通になる時代も来るかもしれません。

韓国の小学生に流行している遊びやアイテムは、

・アニメやSNSの影響が大きく、

・日常生活に密着した近所の文房具店や、スーパーなどで気軽に手に入りやすい

というのが特徴です。

特に小学校の前には文房具屋や駄菓子屋、スーパー、コンビニがあるのでそこでつい立ち寄って買ってしまう身近なアイテムが大流行につながっています。

今、韓国の小学生に人気の遊びアイテムグッズ5選とは?!

①プッシュボップ(バブル)
푸쉬팝プッシュバップ)

②スライム
(슬라임 スライム)

③ポケモンカード
(포켓몬카드ポケモンカドウ)

④鬼滅スマホグリップ
(스마트폰 그립톡スマホグリップトック)

⑤EBSアニメ「ポテントック」のミュージックビデオ
(포텐독ポテントック)

日本と韓国で共通する人気のものがありますよ!

それでは一緒に見ていきましょう。



プッシュポップ

もともと欧米で大人気のシリコンでできたおもちゃスクイーズトイ。

スクイーズトイにはいろいろな種類があります。

「握ったり、ぷにぷにした触り心地」が特徴のスクイーズトイをご存じの人も多いはずです。

韓国ではそのスクイーズトイの一つでもあるプッシュポップが大人気です。

プッシュポップを韓国ではプッシュパップと言います。

プッシュパップ=푸쉬팝


プッシュポップは、柔らかく触り心地がいい
ので

「つい触ってしまう!」

とSNSで話題になり、あっという間に話題が広がりました。

いろいろなデザインがありますが、我が家にはこれがあります。
(下写真)

丸いポップの部分を指で押してへこまして遊びます。

すごいカラフルなものが多いのが特徴です

横に10個、縦に10個!

計100個のポップを全部押し、裏返しにしてまた押してへこませます。

手先を使うので、脳にも良く、ストレス発散にも効果がありそうですよ。

このプッシュポップの特徴

このプッシュポップは、いろいろな形があるので、いざ買おうとするとどのデザインにしようか悩むかもしれません。

このプッシュポップは、

・塾でポイントを集めてもらえる景品アイテム

・友達からプレゼント

・友達にあげるプレゼント

・子供の日に塾からのプレゼント

・勉強の合間にストレス解消

・お友達と遊ぶアイテム

として気軽にあげたり、もらったり、どこででも使えます。

プッシュポップの5つのメリットは以下の通りです。

・押してへこむ時の感触がいい。

・いつでもどこでも、遊べて気分転換になる。

・色合いがカラフルなので気分が上がる。

・友達や家族とゲーム感覚で競争できる。

・指先を使って脳にも刺激を与えられる。

プッシュポップ体験レポ

どのご家庭に行っても、このプッシュポップがあるのでとても不思議です。

先日遊びにいったお友達の家にもありました。

女の子たちはこのカラフルな色と、形に好奇心をもって触りだします。

どこにいても、いつでもできる遊び。

子どもたちは、どちらが誘うこともなくプッシュポップを触りだし、「どちらが先に全部押せるか?!」競争して遊び始めていました。

うちの息子は「数学の計算問題」をしながら、左手でこれをプチプチ押していることがよくあります。

右手で計算を解きながら、左手でプッシュをしながらストレス発散。

「何かをやりながら苦手な計算が正確にできるのだろうか?」

どちらの効果もゼロです。(苦笑)

子どもがあちこちでプッシュポップをもらってくるので、ある時期には10個を超えるときがありました。

つぶしや、指の運動にもいいのでお年寄りにもよさそうですね

スライム

小学生の女子たちに人気NO1の遊びと言えば「スライム」です。

スライム=스라임

スライムカフェがあちこちにオープンした時期があり、スライムのユーチューバーが人気を集めたこともありました。

先日子どものお友達の誕生日パーティに招待されたので、

「何がほしい?」

ときいたら、

その女の子は「スライム」「レゴフレンズ」と返事が返ってきました。

女の子のプレゼントにはカラフルなスライムキットが人気です。

うちの子が通う英語の塾では頑張る分だけポイントがもらえる制度があります。

「宿題をきちんとする。」

「出席をする」

「発表をする」

「英語の発表で動画をとる」

などのミッションをしてポイントを集まるのですが、先日はポイントを集めてスライムをもらってきていました。

うちの子もスライムが大好きです。

スライムが子供たちに人気の秘密は・・・
色がカラフルでプルプルとした感触です。

スライムカフェ体験レポ

これは、スライムカフェに行ったときの様子です。

コロナ禍で、店内貸し切りでした。

保護者の飲み物は無料だったので、コーヒーを注文して私たちは飲んでおしゃべりを過ごしました。

他に客がいないのでスライムカフェの店員さんが子どもの遊びに始終付き添い、子どもたちは伸びるスライムを触りキラキラのラメやビーズを入れてとても楽しそうでした。

子どもたちがヘラのようなものでスライムをかき混ぜて伸ばしている様子は、まるで納豆を食べる前の準備と似ていました。

スライムがどこまで伸びるかを競い合いながら、子供たちはキャッキャ声をだして笑っていたのがとても印象的でした。

プッシュポップにつづき、スライムの魅力は・・・

「触った感触」「どこまでも伸びる」点が、一番の魅力です。

ポケモンカード

日本のポケモンカードが韓国の小学生(特に低学年)に大人気です。

学校のそばのスーパーや文具屋のレジにポケモンカードが陳列されてあり、学校帰りの子供たちがついお小遣いで買えるのが流行る理由です。

ポケモンカード=포켓몬카드ポケモンカドゥ

カードは一袋1000ウォン(100円)

好奇心をくすぐるしかけが親たちを悩ませます。

カードの中身が分からないから、買う時にくじを引くように慎重に一枚のカードを選び購入をするスリル感。

袋から破いて出てきたときのカードを見る瞬間のドキドキ。

「友達に自慢したい。」

「あのカードが欲しい。」

自分が欲しいカードが出るまで買い続けたり、

友達と交換したり、

いろいろな取引をしながらカード集めをしてあれこれ話す姿はまるで、競馬場で馬券を見ながらあれこれ評論しているおじさんたちとあまり変わりません。

うちの子の場合は、テコンドーに通うメンバーたちとポケモンカードのトレードをします。

テコンドーが始まる30分前に到着し、道場の前の広場で道着をきた男子が集まりこのポケモンカードがたくさん入ったファイルを広げ、あれこれしゃべっている光景をよく見かけます。

韓国でもポケモンは人気で、ピカチューは、피카츄(ピカチュー)と書くんですよ。

近所の子にポケモンカードをあげる

近所の遊び仲間の年下の子に、うちの子がポケモンカードをあげました。

その日にその子のママから喜びの連絡がきて、写真を送ってきました。

韓国人のママからの喜びのメッセージが届きました。

「うちの子「ポケモンカードはお金のムダだ」と買ったことがなかったんだけど、ずっとほしくてがまんしてたから、たくさんもらって大騒ぎですよ!」

ポケモンカードばかり買ううちの息子と比べ、金銭感覚がしっかりした小1だと聞いて感心してしまいました。

ポケモン25周年記念

10月にポケモン25周年の「特別ポケモン記念セット」が韓国でも発売されました。

カード、サイコロ、ケースはすべて”黄金色”

限定品好きが周りに多いので話題が尽きません。

鬼滅グリップトック

学校のそばにあるお店には、日本の昔ながらのガチャガチャがあります。

韓国でも「鬼滅の刃 無限列車」が上映された後、じわじわと鬼滅のキャラクターも人気がでてきていました。

そして、ガチャガチャの中身も鬼滅キャラクターが登場し、透明のケースの中にはキャラクターの絵がはってあるスマホリングが入っています。

スマホリング=그립톡(グリップトック)

ガチャガチャ1回200ウォン(20円)でできるんですよ。

ガチャガチャから出てきたまるいケースの中には・・・
キャラクターが見えます。

透明の丸いケースを開けるといろいろなキャラクターの顔が見えるので、その時点で子供たちの目がキラキラ輝きだします。

学校が終わるころになると、近くのスーパーの前に子供たちが集まるのはこのガチャガチャのせいです。

韓国の低学年の子供たちは、鬼滅の映画を見た子も多いので男子はついこのキャラクター集めにはまってしまう子がいます。

200ウォン(20円)という価格が、ついお財布を開けてしまうのです。

ガチャガチャには、キャラクターの鬼滅スマホグリップが入っているのですが、どんなキャラがでるのか分からないドキドキ感は、ポケモンカードと同じです。

遊び方はいろいろありますが、

このグリップを集めて遊ぶ、

友達どおしで交換し合あう、

グループに分かれておはじき遊びをします。

グリップ飛ばし(おはじき遊びと同じ)のやり方は以下の通りです。

①広い床にこのグリップを広げる。

②指先でこのグリップをはじき他のグリップにあてる。

③ぶつかったグリップは、自分の物にできる。

私が子どものころにもみた光景を、韓国の子ども達もしているのをみると、私もなんだかほのぼのします。

EBSアニメ「ポテントック」のミュージックビデオ

教育番組のEBSで2021年3月から放送されている韓国の3Dアニメ「ポテントック」
(12歳以上が観覧可能。)

主人公の超能力がある犬(poten dogs)が変身し悪を倒すヒーローアクションアニメです。

ポテントック=포텐독

このアニメが人気というよりは、このアニメに関連したミュージックビデオが話題を呼びすでに665万回の視聴回数を超えています。

ユーチューブで포텐독で検索すると、アニメのミュージックビデオが出てきて歌に合わせてダンスを踊ります。

歌の題名は「똥밟았네」うんち ふんじゃった

똥トン=うんち
밟았네パルバンネ=ふんじゃった

このミュージックビデオが人気の理由は、以下の4つです。

①アニメーションで楽しいダンスが見える。

②「うんち ふんじゃった。」という題名、歌詞が面白い。

③ダンスがなじみのある振り付け。

④ダンスを踊るアニメのキャラクターが幅広い世代。
(若いお兄ちゃん、お姉ちゃん、おばあちゃん、子ども)

先日も、学校で小規模の運動会があったのですがこの曲がかかるとダンスが上手な子たちが舞台にあがってノリノリダンスをして大盛りでした。

そのダンスで盛り上がる様子を先生が動画を撮ってくれたので見ました。

みんなで歌を歌いながら舞台で踊っている子たちを応援する生徒たちを見て楽しさが伝わってきて感動してしまいました。

みんなの前で踊る子の一人が、近所のよく遊ぶ子だったのでついその子に見入ってしまいました。

まだダンススクールに通って3か月なのに

「あんなにうまく踊れるとは!」

と驚きました。

このアニメのミュージックビデオを見てたくさんの人達からは、

「韓国のアニメのクオリティーが良くなっているよね?!」

「k-popスターのあの人も真似してダンス動画を配信しているよ。」

「市の教育庁のサイトでも真似して踊っているけど、うまくない?」

と、話題が尽きず楽しい雰囲気が広がっています。

インド人もダンスが好きですが、韓国の文化も「踊る」が欠かせないようです。

もし機会があれば、ユーチューブで똥밟았네「うんちふんじゃった。」を探して見てくださいね。

最後に

今回は、韓国の小学生の遊びに人気のグッズや動画を紹介しました。

小学生の遊びのアイテムとして、グッズやミュージックビデオを紹介しました。

いろいろな遊びには流行がありますが、国境を越え韓国でも日本のアニメキャラクターで遊ぶ子供たちの様子は伝わったのではないでしょうか。

「子どもは、遊んで育つ」と言いますがこのようなグッズの結びつきで仲間との会話が始まり、いろいろな交流で子どもの社会性は育つのだと感じました。

昨今の小学生のスマホ事情についてはこちらの記事も読んでくださいね。

韓国の小学生のスマホ事情

韓国アニメ「シンビアパート」とは?韓国の子どもに大人気の秘密とは?

この記事が皆様の視野を広げるきっかけになれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。