実録!韓国の子育て・教育

LG DIOSの浄水器と自動製氷機付きの冷蔵庫のレビューを紹介




韓国在住のここまるです。

小、中学生の子供のトライリンガル育児をしながら、私も日々一緒に成長中です。

今回は、我が家に来て4年目になる冷蔵庫のお話です。

「育児と冷蔵庫ってどんな関係があるの?」なんて言われそうですが・・・

子育世帯に欠かせない家電製品といえば、冷蔵庫と洗濯機ではないでしょうか。

うちの子は、学校や塾から帰ってくるとすぐに冷蔵庫を開けどんなものがあるかチェックするのが日課です。

子供が冷蔵庫をしょっちゅう開けるので「牛乳がもうそろそろなくなるよ。」「早くこの鶏肉使わないと!」と教えてくれることもよくあります。(苦笑)

我が家の冷蔵庫は、私たちが食べる大切な食材が入っているだけではありません。

浄水器と、製氷機が組み込まれているので冷蔵庫へ親しみと愛着があります。

LG DIOSの浄水器と自動製氷機付きの冷蔵庫が満足の理由

我が家が愛用している冷蔵庫は「LGのDIOS浄水器と製氷機付きの冷蔵庫」です。

韓国語で冷蔵庫のことを、レンジャンコ(냉장고)と言います。

当初、このレンジャンコを見たときに浄水器と製氷機がついているため「衛生的にどうなの?」「すぐ故障するんじゃないの?」と不安もありました。

しかし我が家に「浄水器がない」「10年間の無料保証がついていた」「LG家電製品を買って後悔したことがない。」という点を考慮しその日にすぐに購入しました。


LG ホームページより

また冷蔵庫に浄水器がついているため、キッチンの空間も広々使用できるなあと思いました。

衛生面においては、自動殺菌ボタンで衛星管理ができることや、定期訪問による浄水器の管理が加わるため安全できれいな水を飲めます。

消費エナジーがよく、安心して氷と浄水された水を冷蔵庫の機能と一緒に使えるのがとても便利で家族全員が、満足しています。

リニアコンプレッサーとは?

リニアコンプレッサー機能がついたこの冷蔵庫はLGの革新技術でもあり、冷蔵庫の一番大切な役割をする部品です。

このインバーター技術が加わったコンプレッサーの効率がいいため海外でも人気を呼び話題になった製品です。

新技術が備わったこの冷蔵庫は業界初の10年間無償保証も魅力的な点です。

当時「ちょっと割高かな。」と思いましたが、実用性と便利さを考えるとお値段以上の満足感です。

使って4年たちますが、一度も故障がなく騒音がなく静かです。




冷蔵庫の詳細とメリット

右が冷蔵庫、左のドアを開けると冷凍庫です。

全体量804リッター、高さは17900mm、幅912mm。

殺菌ケアーはボタン一つで可能!↓
浄水器の訪問ケアは2年は無料。

3か月ごとに訪問によるフィルター交換、衛生管理、チェックをしてもらえます。
2年後は有料(1回15000ウォン)

水を飲みたい時は、「정수」ボタンを押し、

氷を出したい時は、「각얼음角氷」「조각얼음細かい氷」から選びます。

登校前に水筒に水を入れるのが日課です。
冷水とまではいきませんが、水道水と同じ温度程度です。

夏は氷も入れていきますよ。

冷凍庫の上部のアイスメーカーに氷は自動で製氷され蓄積されます。

注意点は、氷が自動製氷されるので他の冷凍食品の匂いが付きやすい点ですね。
管理の注意が必要です。

ボタンを押して氷をまとめて入れます。

アイスメーカーに蓄積された氷が、ボタンを押すと出てきます。
コップに氷を入れようとすると、氷が飛び散って大変なことになるので大きい入れ物で氷をまとめて入れるようにしています。

氷もお水も冷蔵庫で完結。

普段よく飲むものは、利用するものがある時はマジックスペースに入れます。
ドアは2段式で、食べ物を入れる空間も広々です。

我が家の場合、冷蔵庫の一番目の扉を開けると卵や炭酸水、ワイン類などが入っています。


下の段は、ケースをひくと野菜の鮮度を保つ保管室です。

子どもが冷蔵庫を長く開けっ放しにしていると、音が鳴るので「もう閉めようか。」と声をかけてやっと閉めさせることができます。(苦笑)

左の冷凍庫は、冷凍食品やアイスパックだけを入れていますがたっぷり使えます。

最新のLG DIOSの冷蔵庫

このDIOSの冷蔵庫は年々進化し、デザインも機能もますます良くなってきています。

これが最新のLG DIOSの冷蔵庫ですよ。

興味がある方は是非見てくださいね。↓

最新DIOS冷蔵庫は中が見えるようになっています。
氷はアイスメーカーという場所に自動的に製氷され、一度に14個、1日に70-128個作られます。

 

デザイン機能が高いDIOSオブジェコレクションの冷蔵庫も人気です。

 

韓国の家庭電化製品を代表するブランドと言えば、「サムソンとLG」です。
どちらの企業も機能性、デザイン、環境を考えた製品が次々と登場しているので電気製品を見るのも楽しいです。

最後に

今回は我が家の「浄水器と自動製氷機付きのLGの冷蔵庫が満足する理由とレビュー」を紹介しました。

国が違えば家庭の電気製品も違うものですが、韓国ならではの電気製品と言えば「キムチ冷蔵庫」ではないでしょうか。

我が家は、キムチ冷蔵庫はサムソンでもLGでもなく딤채(ティムチェ)を使用しています。

昔からシンプルなデザインが好きで、ティムチェを愛用しています。

この縦型のティムチェのキムチ冷蔵庫は、キムチだけを入れるのではなく、野菜を新鮮に保てられるため、入れるものによってボタンで環境を切り替えて使用することができます。


義理の母がくれたキムチ以外にお肉などもこのキムチ冷蔵庫に入れています。

キムチのおいしさを維持するノウハウをもとに、熟成・保存するための技術が備わったこのティムチェのキムチ冷蔵庫のおかげでおいしいキムチがそのまま食べれます。

ティムチェのキムチ冷蔵庫は、デザインが良いだけでなく生鮮食品の保存に優れ、3つの冷却器が設置されているため、用途によって温度、環境設定を切り替えることができます

我が家の場合は、キムチをそれほど食べないためキムチのスペース以外は、野菜モードに設定しています。

熱帯果物も新鮮さを保てる万能冷蔵庫なんですよ。

冷蔵庫を3秒ほど押すと、この画面が出てくるので、これで野菜、キムチの設定に切り替えれば完了です。

このように、韓国では「一般の冷蔵庫」と「キムチ冷蔵庫」の二つの冷蔵庫があるのが一般的です。

それ以外に、我が家は一つ冷蔵庫があります。

うちのアパートは全世帯に組み込み式の小さい冷蔵庫が常設されています。
そのため、3つ目の冷蔵庫は子ども専用としてお菓子やジュース、アイスクリームを入れ自由に使えるようにしてあります。

前回友達が遊びに来たときに、アイスクリームを大量に頂いたので冷蔵庫に保管してあります。

以上

韓国の冷蔵庫はいかがだったでしょうか?!

旅行で遊びにいらしたときは、韓国の電機製品を見るのも楽しいですよ。

デザイン性がよく高品質の電化製品がたくさんあるので、一度見てくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アマゾンkindleから出版された本も読んでくださいね。

サイトはこちらから↓
アマゾンkindleサイト

国際結婚を機に海外へ移住するあなたへ伝えたい10のメッセージ